忍者ブログ
ここはVerlustーフェアルストーの製作日記です。
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
プロフィール
HN:
真白羽
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

どうもお久しぶりです!
更新ないな・・・もう終わっちゃったの?と思われたかもしれませんが、まだ続きますよ!
さて今回のキャラクターは恐らく「このキャラクターが好き!」という方が多かったウルスについて語りたいなと!

ウルスは望まれて生まれた子ではありますがそれは通常家庭における望むという事ではなく、義務的な環境下において生まれたといった感じです。
本人もそれを重々承知しており、その義務はしっかりと果たしてます。
それ以外には口を出すな、と家臣達に言っており、権力体制は完璧なまでの世襲制。
周りは今の状態で満たされている者達がほとんどであり、野心を持って王になろうとはしません。

仕事以外は結構わがまま言って他の人を振り回す。というよりそう言って慌て皆のふためく格好を楽しんでいる様子。
よって、お気に入りは必ずと言っていいほど近くに置く、もしくは自分から接触していく。
変わり者は結構好きだが、それは自身の生まれた意味合いにもかなり寄るため好意以外に関わる理由は義務でもある。
ジーン達と関わっているのは義務でもあり好意でもある。
だけど憎しみにも似た感情も持っていたりと存外シンプルではない、複雑な感情を持ち合わせてます。
楽しければいいという部分も持ち合わせており、娯楽には色々と手を出しています。
よって趣味は娯楽全般。特に音楽・芸術関係が好きで、踊り手のレーヌや楽器弾くのが上手いジーンと一緒に演奏していたりします。絵を描いたりする時が癒しの一時でもある。
好奇心も持ち合わせており、シヴァの料理を食べた時痛い目を見た事も。
フォーヌの気持ちに気づいているけど、それに応えるつもりはない。
当たり前に傍に置いていて、そして決断は彼女に委ねるという意地悪をしている罪な人。
ちなみに悪戯にキスくらいならしちゃってます。(これはいらない蛇足かもですが(笑))

国の秘密を一心に持ち、この物語におけるキーキャラクターです。
彼自身の苦悩の台詞も企みの台詞もその複雑さが出ているのでぜひ聞いていただけると嬉しいです!
PR
どうもご無沙汰しております!真白羽です。

バタバタして2週間ほど更新しておりませんでした申し訳ございません(汗
さてお次はフォーヌさんです!

フォーヌは実は名家の家でもなんでもなく一般の家の人で、ひたむきな努力をし、認められ、信用・信頼ともに得ているまさに優等生の鏡のような人。
大国・村双方の平和を望み、そのための慈善活動をしたりと積極的に活動しており、国民に広く知られています。
一通りなんでもできる万能さんです!
ウルスと対面したのは配属になる直後当たりでそれまでは法務に務めていましたが、対面する機会を与えられた、許されて出会ったといった感じです。
本人にとってはこれが一番色鮮やかに見えた瞬間です。
この人の為に決意を、国のために尽くそう改めて意思を固めています。
恋愛ごとも分けて考えようとするがウルスがそれをやすやす破ってくるので翻弄されっぱなし(笑)

しかし大国の真相を知ってからはその真相を隠しつつ、ウルスを傍で支える事に徹するようになります。大国の真相を知る数少ない人物となります。

性格は女性らしく品行方正。正しいということに対して、自分が示すべきだと考えており、その為、ウルスへの感情をいけないと考えつつも、ウルスを支えたい、傍にいたいという感情に抗えずにいてジレンマを持っています。
欲張らないように、精一杯に誠実な部下であろうとする。が、ウルスが外出する際に連れ回されたり、何か贈り物を受け取ったりしてしまうと、嬉しさのあまり泣いてしまう涙もろい面も。
ウルスが婚約者がいないというのも相まってある種城中では公認?されている部分かもしれません。

しかしウルスが自分に対してそんな感情を持っていないことを知っているため、叶わない思いに身を焦がす女の人です。
その切なさは彼女の台詞の節々に含んでおりますので、そこからもどかしさやら、切なさと彼女なりの決意を感じて頂けたなら幸いです!
前々回はジーンについて語りましたが、今回はシヴァについて語りたいと思います!

シヴァは自分という性格をすべて兄・ジーンに委ねて育った子です。
委ねるというとジーンが操作しているように聞こえますが、ジーンの変化で自身の性格も変わっていくというような感じです。
ジーンの良心を真似てはいるけど、ジーン自身が自分に無頓着なので、自分がジーンを守らなきゃと思っているため、色々したりします。
ジーンに助けられる以前の性格は無表情、無感動な子でした。ただジーンが助けてくれた時に感じたものを大切にしている子です。

それ故に敵意を持った時が容赦ないです。兄を裏切るような真似をしたらまず間違いなく彼からの制裁を受けます。
ジーンよりも人の感情に敏感な彼は小さな変化を見逃しません。
自分の感情も見つめられるので、自分の中で兄との違いに葛藤する部分も。
ジーンが魔女を倒す事を決意したのは自分のための部分があることを知ってはいるが、仲間達ができる事に対しては微妙な心境な様子。
兄至上主義な彼はジーンの意向に強く反対はできないですが、このまま旅人でジーンと二人でいたいと思っている部分があります。

趣味は料理です。色々な食材を見てオリジナルの料理を作ります。
一度ジーンに美味しいと言われたのがきっかけで、ジーンに喜んでもらおうと色々作っています。
何十回と料理を作っている彼ですが、稀に作っているとゲテモノ料理が誕生し、ジーンを失神させた事があります(笑)
ジーンはそれを『稀に見る珍味』として、記録までしている始末。しかし、ジーンは出てきたものはちゃんと食べます。ゲテモノ料理に当たった回数6年にして10回ほど。
クラッス達も一回だけその料理を食べたが・・・当然、全員全滅。
ウルスはこれを『刑罰の一つにしよう』といった程のまずさでした。

といった感じでしょうか。
次回はクラッスについて語ろうかと!

11日16時半までに届いた応募メールには返信いたしました。
もし届いていないよ!?という方がいらっしゃいましたら連絡をお願い致します。
まだまだ募集しておりますのでよろしくお願い致します!
どうも皆様クリスマスは如何お過ごしでしたか?
私は少し早めに家族と一緒に映画を見て、ケーキを食べてクリスマスはバイトに勤しんでおりました!

さて今回はタイトルのとおり、ジーンについてお話したいなと思います。

ジーンは良くも悪くも真っ直ぐです。
自分はこうだと決めたら周りがどう言おうと突き進む子。
それ故に弟を助けたのもこれが根本にあるかと。
実はジーンとシヴァは一緒には育っていません。弟がいることを知ったのは12歳の時。
もう既にジーンは技術的には戦いができる年でした。そしてシヴァは6歳。
そこから助けるに至るまでそう時間はなかったです。
助けた際、ジーンはその決意として村には戻らず、苗字を捨てました。
シヴァとジーンに苗字がないのはこのためです。

安息の地を求めて各地を点々と回っていく中で、疑問を持つ事ができたけれど、それがなんなのかまでは理解していないといった感じです。

それでも人を信じてやまない彼はあらゆる事に首を突っ込むので、彼自身の身の回りは弟がしっかりするという事もあり、少し自分のことに関しては関心が薄いのかもしれないです。

趣味は音楽です。楽器が得意!
楽しいことが大好きなので、一緒になって楽しむものが好き。
なのでレーヌとは良く楽器の演奏したり踊りの相手になったりと結構仲良し。
馬鹿騒ぎしすぎて、エヴォルに怒られたりするが懲りない(笑)

と言った感じです!
次回は弟・シヴァについてお話したいですね!
どうも真白羽でございます!
企画の2次選考に伴いトップのスケジュールを修正致しましました。
少し決まった後のキャスト様の音声収録のスケジュールが狭いので、あれかなとも考えましたが、リテイク期間もございますのでご安心を!

イラストは今月で全て公開予定とさせていただきます!

そして日記では人物についても語っていけたらと思っています。
性格とか趣味とかですね!イメージを膨らませて頂けたなら幸いです!
尚小説に関しては何分文才がないもので、予定はありません。
きっかけは「ダークファンタジーやりたい!でもボイスドラマは無理!サンプルボイスでやろう」でしたので(笑)






Copyright c Verlustーフェアルストー。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 人形首 / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]